清水寺から高台寺(10月)

□ 「松尾大社の磐座登拝と秦氏ゆかりの古墳群を訪ねて」を開催しました。


京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,松尾大社境内,松尾山の山中において,第20回公開セミナー「松尾大社の磐座登拝と秦氏ゆかりの古墳群を訪ねて」を開催しました。

前週に来襲した台風の影響で磐座への登山道に倒木が多数あり,当日は磐座登拝を行うことができませんでした。松尾大社様のご厚意により,御本殿にてご祈祷を受け,修復作業中のご本殿の屋根などを間近で見学させていただきました。その後,松尾山の山麓にある月読神社の見学を行い,西芳寺林道を歩き,秦氏ゆかりの古墳群の見学を行いました。道中,参加された27名の市民の皆様は,講師にお迎えした本協議会の文化的価値発信専門委員である梶川敏夫氏(京都女子大学非常勤講師 京都造形芸術大学非常勤講師)の解説を熱心に聞き入り,身近な場所に残る古代の遺跡群に思いをはせておられました。
当日は雨天にもかかわらず,たくさんのご参加をいただき誠にありがとうございました。




協議会は,今後も京都の森の歴史文化的背景について理解を深めることができるよう,様々な活動を実施していきます。これからも皆様の積極的なご参加をお待ちしております。